シンポジウム「総合診療を考える」が開催されました。

シンポジウム「総合診療を考える」が開催されました。

2014年6月14日、本学にて「総合診療を考える」というテーマでシンポジウムが行われました。演者は当科安武先生、東京ベイ浦安市川医療センター救急科部長志賀隆先生、東京医療センター総合内科医長鄭東孝先生、あやめ診療所院長伊藤憲祐先生、千葉大総合診療部教授生坂政臣先生です。錚々たるメンバーです。それぞれの立場での 総合診療について、苦労、やりがい、展望を熱く語って下さいました。総合診療って扱う分野が多岐にわたりすぎて、イメージがblurですね。なかなか自分が「どんな総合診療医を目指すのか」ビジョンを持つのが難しいですが、走りながら考えながらとにかく立ち止まらずに前に進もうと思います。

2014/6/14

このページの上へ