第8回そうしん谷根千カンファレンス

第8回そうしん谷根千カンファレンス

4月27日に第8回そうしん谷根千カンファレンスを行いました。前半のケースカンファレンスは三枝先生のプレゼンテーションでした。食思不振、全身倦怠感を訴える高齢男性で、原因は低ナトリウム血症、低ナトリウムの原因は薬剤性が疑わしいという症例でした。後半は、昨年千駄木で開業された循環器内科の先輩、村井綱児先生が「身体所見から考える心不全の治療戦略」というタイトルで、心不全患者さんの身体所見から心不全の分類および治療方針を導き出す、という内容。循環器以外の内科医や開業医の先生方、研修医にもとても役立つ内容のレクチャーをして下さいました。みなさんお忙しい中ご参加いただきありがとうございました。

質疑応答も活発でした。

質疑応答も活発でした。

懇親会も盛況

懇親会も盛況

2017/4/30

このページの上へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。