第10回日本病院総合診療医学会学術集会

第10回日本病院総合診療医学会学術集会

病院総合診療医学会が2月27日〜28日福岡市のホテル日航福岡で開催され、若栗先生が発表しました。内容は「一般外来に来院する急性冠症候群の臨床的特徴」です。総合診療科を救急車やwalk inで受診し、診断がACSだった患者さんの受診時の症状を解析しています。総合診療科でASCと診断した半数は徒歩受診、非典型的症状(呼吸困難、嘔気など)を訴えていた人は徒歩群で30%、救急搬送群で約半分とACS診断の奥深さを感じます。
福岡エンジョイしたはずなのに誰も一枚も写真撮ってくれませんでした。残念(~_~;)

2015/3/15

このページの上へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。