トリアージカンファレンス

トリアージカンファレンス

9月28日、はじめてのトリアージカンファが開催されました。実際に救急外来でトリアージを担当する看護師さんたちが中心の会です。特に、トリアージがアンダーになった症例(ナーストリアージより診察終了時の重症度評価が高かったケース)に関してその原因 、ピットフォールについて検討を行いました。呼吸数がきちんと評価されていない例があること、救急隊到着時と病院到着時のバイタルの違い、救急隊により酸素投与されている症例の扱いなど 現実的かつ重要な点が問題提起されました。

教授もひるむ鋭い指摘を繰り出す若林主任

教授もひるむ鋭い指摘を繰り出す若林主任

2015/9/30

このページの上へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。