第2回そうしん谷根千カンファレンスを開催しました。

第2回そうしん谷根千カンファレンスを開催しました。

10月29日に、第2回そうしん谷根千カンファレンスを開催しました。これは、近隣の開業の先生方とcommon diseaseの診断や治療について基本的な知識の整理やtipsをいっしょに学んで、交流を深める勉強会です。今回のテーマは腹痛でした。症例提示は竹之内先生の「激烈な腹部症状で来院し、診断に苦慮した一例」、診断は腹腔動脈解離だったケースです。Facilitatorの若栗先生が上手に進行してくれて、参加して下さった先生方とディスカッションしながら症例検討できました。レクチャーは放射線科町田先生で、「急性腹症のCTの見え方」でした。CTの基本的な読み方や、虫垂炎や憩室炎などよくある疾患の読み方、動脈解離などcommonとは言えないが見逃してはならないサインをわかりやすく教えていただきました。活発な質疑応答もあり、大変充実した時間を過ごしました。終了後は恒例の懇親会。院内外から30人の参加者があり、盛会でした。みなさんご協力ありがとうございました。次回は1月28日、テーマはめまいです。興味のある先生方はお問い合わせ下さい。

みなさん熱心です。

みなさん熱心です。

お料理好評でした。

お料理好評でした。

2015/11/4

このページの上へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。