11月12日の抄読会

11月12日の抄読会

11月12日の抄読会は小野寺麻加先生の当番で、Fasting Until Noon Triggers Increased Postprandial Hyperglycemia and Impaired Insulin Response After Lunch and Dinner in Individuals With Type 2 Diabetes: A Randomized Clinical Trial(リンクはこちら)でした。朝昼夜ごはんを食べる人は、昼と夜しか食べない人に比べて総摂取カロリーは高くても食後高血糖になりづらい、という内容です。機序として長時間絶食後に食事取った時インスリン分泌が鈍くなるということが考えられています。朝ごはん、永遠の課題ですね。子供が賢くなるとかいろいろ。個人的には9時と16時の2回食がいちばんしっくりくるのですがみなさんはいかがでしょうか。image

2015/11/18

このページの上へ