第11回そうしん谷根千カンファレンス

第11回そうしん谷根千カンファレンス

1月18日木曜日、第11回そうしん谷根千カンファレンスを開催しました。症例検討は診断に難渋した高齢女性の左季肋部痛(診断は椎体炎)、ミニレクチャーはみつはたペインクリニック院長光畑裕正先生の「痛みと漢方」でした。レクチャーでは主に抑肝散による痛みのコントロールを紹介していただきました。参加者からも漢方薬の使い方について熱心に質問していて、とても盛り上がりました。

熱いレクチャーでした。

ケータリングはひな祭り仕様

三枝先生プレゼンおつかれさま

2018/1/19

このページの上へ