タイトル

スタッフ日記

11月12日の抄読会

11月12日の抄読会は小野寺麻加先生の当番で、Fasting Until Noon Triggers Increased Postprandial Hyperglycemia and Impaired Insulin Response After Lunch and Dinner in Individuals With Type 2 Diabetes: A Randomized Clinical Trial(リンクはこちら)でした。朝昼夜ごはんを食べる人は、昼と夜しか食べない人に比べて総摂取カロリーは高くても食後高血糖になりづらい、という内容です。機序として長時間絶食後に食事取った時インスリン分泌が鈍くなるということが考えられています。朝ごはん、永遠の課題ですね。子供が賢くなるとかいろいろ。個人的には9時と16時の2回食がいちばんしっくりくるのですがみなさんはいかがでしょうか。image

2015/11/18

このページの上へ

第2回そうしん谷根千カンファレンスを開催しました。

10月29日に、第2回そうしん谷根千カンファレンスを開催しました。これは、近隣の開業の先生方とcommon diseaseの診断や治療について基本的な知識の整理やtipsをいっしょに学んで、交流を深める勉強会です。今回のテーマは腹痛でした。症例提示は竹之内先生の「激烈な腹部症状で来院し、診断に苦慮した一例」、診断は腹腔動脈解離だったケースです。Facilitatorの若栗先生が上手に進行してくれて、参加して下さった先生方とディスカッションしながら症例検討できました。レクチャーは放射線科町田先生で、「急性腹症のCTの見え方」でした。CTの基本的な読み方や、虫垂炎や憩室炎などよくある疾患の読み方、動脈解離などcommonとは言えないが見逃してはならないサインをわかりやすく教えていただきました。活発な質疑応答もあり、大変充実した時間を過ごしました。終了後は恒例の懇親会。院内外から30人の参加者があり、盛会でした。みなさんご協力ありがとうございました。次回は1月28日、テーマはめまいです。興味のある先生方はお問い合わせ下さい。
みなさん熱心です。

みなさん熱心です。

お料理好評でした。

お料理好評でした。

2015/11/4

このページの上へ

9月の救急がんばった賞

先月の救急がんばった賞は、総診の竹之内先生でした。すごいですね。竹之内先生はいつも勇猛果敢に(ときにあとさき顧みず)救急受け入れてます。心電図読むのも外傷診療も、総診始めたときに比べてすごく成長しました。頼りにしてます‼︎おめでとうございます(^O^)/ imager

2015/10/28

このページの上へ

痛みが強ければ、ギプス固定

10月26日に、川井先生のご指導の下恒例となったギプス固定塾が開催されました。骨折、夜中に来るんですよね。酔っぱらってころんだ人。解放骨折でなくて、血流や神経の障害がなくて、大きく変位していなければ緊急性はありません。だからといって痛い腕や足をそのままにして「明日整形外科へ」という対応では総合診療医の資格なし!ということでみんなで練習しています。かっこよく整復とまではいかなくても、それなりのところでちゃんと固定してあげれば痛みはかなり軽減します。定期的に開催しているので院内で興味のある先生はお問い合わせください。
固定しあいっこしています。

固定しあいっこしています。

2015/10/27

このページの上へ

WONCA Europe Conference 2015 in Istanbul

安武先生、若栗先生、研修医小川先生は10月22日から開催されるWONCA(World family doctor, Caring people) Europe Conferenceでの発表へ向けてイスタンブールに旅立ちました、と書きたいところですが、政情不安定との情報あり安全優先で渡航をキャンセルしました。というわけでリベンジトルコ料理ディナーです。ワインが予想以上のおいしさでした。来年また出しましょう!
みんなで便乗

みんなで便乗

きっと現地より美味しい

きっと現地より美味しい

2015/10/23

このページの上へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。